×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

パワーグリーンTOP HOMEへ

パワーグリーン・ジャパン姫路販売

軟水器と磁気イオン活水器

水垢 マンション導入事例 軟水器とは、水中のミネラル分をカットし、変わりにナトリウムを放出する機器です。簡単に言えば、硬水(硬度は水中のカルシウムとマグネシウムの量で基準より多いものを硬水、少ないものを軟水と言う)を軟水にしてあげる商品です。日本は場所により変わりますが軟水傾向です。硬水はカルシウムが多く、配管やみずまわりにカルシウムスケールを形成活水器 します。 (余談)・・・大陸や地下水が硬度が高いのは次の原理です。雨は軟水です。これが地下に染み込みますと、ミネラル(カルシウムなど)を吸収します。吸収する時間が長いと硬水となりますが、日本は山から海までが近いのでミネラルを吸収する時間が少なく軟水傾向なのです。大陸は距離が長いのでミみず垢 メカニズム ネラルをたくさん吸収して硬水になります。地下水も同様です。硬水はカルシウムが多く、配管やみずまわりにカルシウムスケールを形成します。これらは、メンテナンスを必要とし、また見た目も良くありません。例えば温泉のお風呂施設ではミネラルが多いので特に壁や水管が真っ白になりますが、温泉なら逆に良い印象となりますが、ホテルなどでは、単に清掃していないような、悪印象、汚れとカルシウムスケールしてとらわれます。ここで、軟水器ですとその白いカルシウムスケールそのものの成分が無いですので、物理的に白くなりませんし、それらを吸収する効果もありますので、汚れにくいということです。石鹸は、カルシウムと結合すると泡立ちを悪くさせますが、軟水の場合はカルシウムが少ないので、泡立ちも良くなります。また、ナトリウムを放出しますので、肌の角質層を溶かし、肌をぬるぬるさせます。これは温泉のナトリウム泉と同じく、肌に優しいですプールね。さて、良い事尽くめですが、問題はコストと管理です。まず、イニシャルコストですが、弊社では日本製、アメリカ製の商品を扱っていますが、活水器に比べて10倍以上のイニシャルコストが掛かります。イニシャルでは建設費が膨大ですので金額的には大丈夫かもしれません。しかし、その後に掛かる費用として1.塩代 ・・・ これは家庭レベルでも25kgの原塩が1袋/月掛かります。ホテルクラスでしたら大変な量となります。塩の管理や補充する手間が必要で、重労働です。2.イオン交換樹脂の交換や追加費用・・・ イオン交換樹脂は最近良くなりましたが、徐々に壊れて、更に、逆洗時に、少量づつですが、減っていきます。その場合、交換や追加が必要で、とても高価なものです。3.その他 ・・・ 耐用年数は、10年以下が多いようです。

   カルシウム

磁気イオン活水器

マンション磁気イオン活水器とは、ヨーロッパが発祥で、作られた目的は、軟水器で記載しました大陸の硬水対策です。例えばドイツではスイスの山で降った雨(軟水)がスイスの山に染み込み、そしてライン川と言う長い距離を通過してきたときに、とてもたくさんのミネラルを吸収します(硬水)よって、ドイツでは昔からカルシウムスケール対策に対して研究を活水装置進めていました。そんな中からパワーグリーン磁気イオン活水器はドイツで研究開発された商品です。パワーグリーンは、軟水器のようにミネラル分を一切取りませんし、塩素も取りません。ちなみに塩素を水道元で取る事は、問題で、菌に対して無防備になります。(軟水器は塩素を取る効果もありますが、100%取らないので大丈夫と思います)パワーグリ活水装置システムーンは、水にイオンを付加します。そしてそのイオンが水中のカルシウムスケールや水垢、ヌメリ、バイオフイルムなどに当たった時に、とても小さな微振動を起こします。例えば眼鏡や貴金属をコップに入れて、泡で洗浄する商品が有りますが、これらも泡が弾ける時の微振動によって汚れを落とします。超音波洗浄も振動ですね。これが磁気イオン活水器のカルシウムスケール対策ですが、ホテルの付加価値として考えるとこの作用よりも、「このホテルの全ての水は、磁気イオン水です」で言葉かと思います。取り付けたお客様からよく言われるインプレッションは、水がやわらかいとか美味しい、水垢がつきにくい、料理が美味しい、シャワーやお風呂が気持ちいい・・・などですが、医療法や誇大広告になりかねますので、あくまでインプレッションとしてです。(お分かりの通り、感覚は実証が難しいので)それでも、第三者工業試験などでは、洗浄率が上がったり、サーモグラフテストではお風呂上りの体温を調べると、温まりやすく、湯冷めしにくい効果も見られました。
まとめると、目的は軟水器とよく似ていて(プロセスは全然違いますが)導入イニシャルが安い。又、一番の良い点は、基本的にランニングコスト、メンテナンスが不要で、取り付ければ100年後でも磁気の効果は殆どダウンしないでしょう。水管にも保護的に働きますので、ホテルの水廻りへのメンテナンス費にメリットが出るかも知れません最後に、磁気活水器もたくさんあります。パワーグリーンはライバル商品に比べ、お見積価格は安いので、心配される場合もありましたが、弊社では適正価格を心がけており、私個人の感想では、他の商品は高すぎると思います。商品はドイツ、イタリアで作られ、日本では二品水道協会の認定も取得しており安心してお使い頂けます。商品もヨーロッパ製らしく、とてもしっかりと、細部まで拘りがあります。尚、商品は日本に在庫が無い場合では、ご注文より2週間から3週間ほど掛かる場合がありますので、工事のスケジュール等にあわせて、余裕を持った時期にご注文下さい。

軟水器の効力

1.イオン交換樹脂にナトリウムイオンNa+が充填されています。
2.硬度分の主成分であるカルシウム・マグネシウム陽イオンはイオン交換樹脂に吸
  着され、無害なナトリウムイオンと交換されます。この樹脂は鉄・マンガン及び鉛・
  亜鉛・カドミウムなどの有害金属陽イオンやラジウムなどのある種の放射性物質も
  除去する能力があります。
3.イオン交換樹脂の吸着能力、すなわちイオン交換能力は、樹脂が保有するナトリウ
  ムイオンをすべて交換放出するとゼロとなります。
4.塩を水で溶かしナトリウムイオンを作りイオン交換樹脂に作用させ吸着された物質(
  カルシウムなど)をイオン交換させ、樹脂の吸着能力を再生させます。
5.再生された樹脂は、再びナトリウム陽イオンですべて充填され、硬度分などを吸着
  する元の状態に戻ります。

イオン交換樹脂のサイクルです。これからお分かりのようにコップが満水になるとこぼれてしまう様に、イオン交換能力が満タンになると硬度分はスルーして二次側(家庭やホテルなどの蛇口やプールや風呂)へ通過してしまいます。(取付けていない状態と同じ)イオン交換樹脂は水量と硬度によって大きく、特に硬度によって大きく変わってしまいます。通常上水は60〜85ppm位ですが、所により300ppm位あると思います。もっと多いかもしれません。100t(水量)で100ppm(硬度)の場合と100tで300PPMの場合では3倍の能力の商品が必要です。例えば300t 100PPM = 100t 300ppmです。先ほどの通り上水は80ppm位で計算されていますので300ppmならば3.75倍です。逆に言えば、120トン上水で計算していたら3.75掛けて上水なら570t近くの水量になります。そして、1日120tですと、余裕を見て1.3倍位、160t〜の機械を通常お勧めします。そして、1日1回の再生では機械に負担をかけますので、2日に1回の再生をお勧めします。そうすると、120t×1.3×2日=312tの再生能力が必要です。それに、硬度が250とか300、350PPMとなれば凄く大きく容量が変わります。言える事は、もしイオン交換の容量(能力)間違っていれば、効果は無いのと同じです。

水の雑学などのページ